返事がもらえる&来店につながる連絡の取り方テクニック

返事がもらえる&来店につながる連絡の取り方テクニック

  • 2017年09月22日 11:21

連絡を入れる適切なタイミングを考えよう



キャバクラに足を運んでくれるお客様は、決して暇な訳ではありません。
空いた時間にお店に来ているわけで、その他の時間帯は仕事をしていたり家族や恋人、友人などと過ごしていたりするんです。

だからこそ、連絡を入れるタイミングを間違えるわけにはいきませんよね。
もしこれを間違えてしまうと、「空気が読めないキャバ嬢だ」なんて思われて、京都のキャバクラで登りつめることができなくなってしまうでしょう。

メールやLINEを送るタイミングですが、お店に来てくれたことに対するお礼メールは、相手が独身者で恋人もいなければすぐに、家庭があったり彼女と同棲しているようであれば、次の日の明るい時間帯に送ってください。
このちょっとした気遣いが大切。
お礼のメッセージ以外も、基本的にはお昼から夕方にかけて送るようにしましょう。
理由は同じで、相手の家族や恋人などにキャバクラ通いがバレるのを防ぐため。

もしお客様の方から連絡が来た場合には、「今はメールやLINEでやり取りができる」という一つのメッセージでもあるので、すぐに返してもOK。
放置する必要はありません。
何度かラリーを繰り返して、お客様の心をガッチリと掴むチャンスでもありますから、無駄にしないようにしましょう。

曜日や時間帯で変化をもたせよう



相手によってメールやLINEを送るタイミング、特に”時間帯”に注意しましょうというのは説明した通り。
それ以外にも気を遣いたいことがあります。
それは、時間や曜日によって内容を変えるということ。

わかりやすい例を挙げると、夜に送るなら「おやすみ」、朝に送るなら「おはよう」など、時間などにマッチした内容にしましょうということです。
週末に送るなら「お仕事お疲れさまです」なんていう内容も定番ですよね。
土日休みの人に対して金曜日の夜に「明日もお仕事がんばってください」なんて内容で送ったら、「適当だな」と思われておしまい。
来店に繋げることはできないでしょう。

その時々にマッチした内容にすると、相手も返信しやすくなるはず。
それがその人の生活や仕事を理解した上でのタイミングであれば、男性側もそれを察知し、「自分のためだけの内容だ」と感じてもらうことができます。
この効果は本当に大きいですから、適切なタイミングでメールやLINEを送ることを心がけてください。

京都のキャバクラで勝ち抜くには、ここまで細かな配慮が必要不可欠。
売れているキャバ嬢はみんなやっていますから、それを見習って実践していきましょう。

  • 1