売れっ子キャバ嬢は見分けてる!連絡すべきかどうかの基準とは

  • 2017年10月12日 11:24

違うお客様に同じ内容のメッセージは禁物



「またあの子に会いたいな」と思ってもらうための手段の一つであるメールやLINE。
お客様にどう連絡を入れるかで来店回数や指名回数が変わり、それが人気へと直結するのがキャバクラ嬢というお仕事です。
となると、誰かれ構わずとにかくメールをすればお店に来てくれるのではないかと思う女の子もいるかもしれません。
これはちょっとした勘違いなので気を付けましょう。

京都のキャバクラで人気をゲットしている女性は、連絡したほうがいいお客様と、しないほうがいいお客様とをしっかりと見分けているんです。
これは同時に、人気のないキャバ嬢は、この見分け方に失敗しているとも言えます。
「一生懸命LINEを送っているのに全然お店に来てくれない」と悩む女の子は、もう一度この点について考え直してみるといいかもしれませんね。

連絡したほうがいい人と、しないほうがいい人との区別も大事ですけど、したほうがいい人の中でも男性によって内容にはバリエーションを持たせるべき。
自分に全く興味がないのか、少しはあるのか、仕事や役職・立場、家庭のことなどを考慮してメッセージを作成しましょう。

メールなどを送るべきかどうかの見極め方とは



メッセージを送っても大丈夫な人かどうかの見分け方ですけど、お店に来てくれた時に交わした会話や、実際にメールなどを送った時の反応でそれを見極めることができます。

名刺を渡そうとしたけど拒否られた場合、これはプライベートでメールなどのやりとりをすることに抵抗を持っている可能性大。
受け取ってくれたとしても、LINEのID交換などに積極性を見せなければ、やはり脈は薄いでしょう。

お互いのアドレスなどを交換したところで、それがガンガン送っても大丈夫という合図にはなりません。
メールを送っても返事が来ないケースや、返信が来るまでにかなり時間が空く人は、キャバ嬢からのメッセージをあまり快く思っていない可能性があります。
何度か送ることは構いませんけど、反応が良くない場合は、また向こうからお店に来てくれるまでは大人しくしているのが無難です。

一緒に飲んでいるときに、「仕事があるから返事できるかどうかわからない」、「奥さんいるしな〜」なんて反応がある場合も、あまり積極的な営業メールを望んでいない可能性大。

やり取りをした末に、「最近忙しいから」、「奥さん(彼女)にバレちゃって」という内容が男性から届いた場合、これも暗に「連絡してこないで」のメッセージと受け取って問題ないでしょう。
男性側の意図を察してあげることが大切ですね。

こうした見分け方で、おおよそ判断することができる男性の心理。
待っている人にはガンガン送り、そうではない人には控える、そのメリハリがつけられれば京都のキャバクラでNo.1の座につけるかもしれません。